EVK EVのコウメイ 電気自動車 コンバートEV 電動バイク ホイールインモーター EVパーツ 電動化プロジェクト

EVコンバート

コンバートEVとは:

従来の化石燃料を消費するエンジンからモーターへ換装し改造した電気自動車にする事です。

AZ-1改造電気自動車編

AZ-1主要部品配置図

電気自動車を製作しましょう。
ベース車両の設定 車重,寸法等の測定,確認を行います。 今回は絶版車両のAZ-1をベース車両に選択しました。
計画する出力・航続距離にはバッテリーの容積を確認し搭載位置決めを行います。(ちなみにAZ-1の場合はスペースが小さいので長い航続距離は望めません。)
このようにバッテリーの搭載量によりベース車両を決定する必要があり。またバッテリーの出力=価格なので予算ともよく相談しましょう。またバッテリーの位置には規制がありますので指針を確認する必要があります。国土交通省より2012年7月に新指針が出されています。
エンジンルームとかトランク一杯には搭載できない場合があるので事前によく確認しましょう。



AZ-1主要部品配置図

各部品の設計・製作
実際に設計する前に電気自動車に不要な物を全て取り外します。

エンジン&ミッション
ラジエーター,ヒーターコア,ヒーターホース類
マフラー,燃料タンク,その他

全て取外した状態で各部を採寸し 取付けるパーツも測定し設計します。実際に下記の物を製作します。

モーター,ミッションのフランジ,ステー,ブラケット等
バッテリーケース,ステー,ブラケット
コントローラー,充電器,他のケース,ステー,ブラケット
真空ポンプ,タンクのステー,ブラケット
メーターやスイッチ類のパネル,配線,回路,ステー,ブラケット
まだ車種によっては必要な物があると思います



AZ-1主要部品配置図

製作・組み付け
製作したパーツベース車両に組付けます。実際の車両の機能を作動させる為にはベース車両のの回路等に擬似信号等を製作行います。

動力電線等はオレンジ色のインシュレーターの取り付けが指針上必要となります。

特にを保安部品は車検時に重要になります。ブレーキ用の真空ポンプ装置、フロントガラスの曇り止めのヒーター等,アクセサリー関係はDCDCコンバーターで12Vに降圧+12V/20ahバッテリーを利用し車両の電装措置を可動させます。



AZ-1主要部品配置図

セッティング・調整
実際の使用用途に合わせて,コントローラーの設置を行います

モーター出力
バッテリー出力
バッテリー使用電圧範囲
回生充電の使用/不使用・回生量
回生ブレーキの使用/不使用・回生量
スロットルの調整
モーターの温度管理(安全装置)

また機関の調整も必要となります。
クラッチ,ブレーキ等実走行し調整します



AZ-1主要部品配置図

改造申請書類製作
必用書類

1、届出書
2、改造概要等説明書
3、車両を特定する資料
4、技術基準の適合性を証する資料
5、保安基準適合検討書
6、電気装置の要目書
7、外観図
8、改造部分詳細図
9、車枠全体図
10、最大安定傾斜角度計算書
11、制動能力計算書
12、最小回転半径計算書
13、強度検討書 動力伝達装置等

改造部位により省略できる物や 出力により省ける物もあります。
これらの写真,図面,配線図,仕様書が必要になりますのでかなりの資料を製作する必要があります。



AZ-1主要部品配置図AZ-1主要部品配置図
ブラシレスDCモーター公認検査証


コンバートEV(業務用電動バイク)

弊社では2008年より
「燃料費」「騒音」「排気ガス」
の問題が解決されるとして、新聞販売店などに電動バイクRECORO(レコロ)シリーズを新車で販売しておりました。
そうした中、新聞販売店で使用するスクーターの多くが3年~5年、早いものでは2年で廃棄されるという現実があり。
「廃棄されるスクーターのほとんどはエンジン部分の問題。電動に改造すればまだまだ使えるし環境問題の改善にもつながるのではないかと思い現在のコンバートEV事業を開始しました。
「コンバート 」を施した再利用のスクーター
は、エンジンからにホイールインモーターに換装しオイル交換の必要もなく、「燃料費」「騒音」「排気ガス」の他、車体の廃棄の問題が解決出来るのが特徴で、「CO2の排出がなく、静音で消費電力は1円で1キロ以上走行が可能」です。
業務用の対応車種は、業務用では人気のあるヤマハのスクーター「GEAR(ギア)」を使用しています。
また絶版車など修理困難な旧車や希少車等
バイク,自動車,船なども受注し“電動化”しております。
弊社では改造電気自動車の製作や電動化コンバートEVの改造キットを開発し低コスト高パフォーマンスの商品化の研究を現在行っております。
そして現在・・・ コンバートKIT開発中

YAMAHA GEAR 1994年-1999年(4KN型)用
開発したコンバートKITの製品化の為、2013年よりKOBE-EV、株式会社清水製作所、共同開発中。コンバートの入門用としての実習用教材として、また業務用配達車用改造KITとして、今後販売を予定しています。くわしくはお問合わせください。




   コンバートEV用バッテリーケース3D図

    バッテリーケース分解3D図

お問い合わせ窓口

079-229-1487

お問い合わせフォーム

メニュー

コンテンツ





ページの上部へ